top of page

外国勤労所得と住宅控除

2023年4月14日


米国市民または海外に居住する永住権保持者の場合、所得税の申告と予定納税の規則を理解することが重要です。一般的に、米国内にいるか海外にいるかに関わらず、同じルールが適用され、居住地に関係なく、全世界の所得が米国の所得税の対象となります。しかし、海外に居住する米国市民は、当該国からも課税される場合があり、二重課税となる可能性があります。この税負担を軽減するために、資格のある納税者は、外国源泉所得控除、住宅費控除、または外国税額控除を利用できます。


海外に住む米国市民は、その納税者の自宅が外国にあり、その個人が以下のいずれかである場合、外国勤労所得控除および外国住宅費控除を受ける資格があります。


  • 米国市民で、課税年度全体を含む中断のない期間、外国に真に居住していたことにより、居住テストの要件を満たしている者。

  • 米国市民で、連続する12ヶ月の間に少なくとも330日間、外国に滞在し、フィジカル・プレゼンス・テストの要件を満たしている人。


外国勤労所得の除外:外国勤労所得には、賃金、給与、専門家報酬、その他実際に提供された個人的サービスの対価として受け取る金額(現金以外の報酬の公正市場価値を含む)が含まれます。海外に居住する米国市民および永住権保持者で、外国に納税地を持ち、居住テストまたはフィジカル・プレゼンス・テストを満たす者は、各課税年度において外国に存在した日数に起因する所得所得の一部(2022年は$112,000)を除外することを選択できます。ただし、所得控除を選択した場合、除外された所得に起因する外国所得税に対する外国税額控除を請求することはできません。外国勤労所得の除外か外国税額控除のどちらを選択するかは、どちらの選択肢がより効果的に税金を減らせるかで決めることができます。


外国の納税地の決定:外国に納税地を持つには、外国で働き、一時的ではなく、無期限で雇用されることが予想される必要があります。米国に居住している場合(家族的、経済的、個人的な結びつきが強い)、米国軍を支援するために大統領令で宣言された戦闘地域で働く場合を除き、外国人用住宅を持つことはありません。


外国人住宅除外または控除:海外に居住する米国市民または永住権保持者は、外国勤労所得の除外に加えて、国外住居費を総所得から控除をする選択することができます(2022年は15,680ドル)。住宅費の除外または控除額を計算するには、連邦職員基本住宅費を超えて課税年度に発生した合理的な住宅費を決定する必要があります。これには、家賃または雇用主から現物支給された住宅の公正な賃貸価格、光熱費(電話料金を除く)、不動産および動産保険、他に控除できない可能性のある入居税、借地権を確保するために支払った返金不可の費用、家具および付属品のレンタル、家庭の修理、住宅用駐車場が含まれます。


海外からの所得と住宅控除のルールを理解することで、海外に居住する米国市民または永住権保持者として、税負担をよりよく管理することができます。

Comentarios


© 2021 TOPC Potentia All Rights Reserved

TRAIANGL-TOP-WHT.png
bottom of page