top of page

小規模事業主健康保険税額控除

2023年2月10日

条件を満たした小規模事業主は、小規模事業主健康保険税額控除を利用することで、その年の従業員に健康保険を提供する費用を軽減することができるかもしれません。しかし、この税額控除は複雑で、特に従業員数の計算やその他の規定には重要な制限があります。


小規模雇用主

小規模事業主健康保険税額控除は、従業員一人当たりの年間平均賃金が(年毎のインフレ調整後)$50,000未満の常勤換算(Full-time equivalent: FTE)25名以下の雇用主を対象としています。この控除はIRSのForm 8941(Credit for Small Employer Health Insurance Premiums)を申告書に添付する必要があります。


控除の上限は、営利目的の雇用主が支払った適格保険料の50%です。ただし、この控除は、雇用者が州の保険取引所を通じて、1つ以上の適格な医療保険プランを提供している場合のみ、申請することができます。


この税額控除がどのように機能するか、例を挙げてみましょう。ある小さなメーカーが9人(9FTE)を雇用し、各従業員の平均年間賃金が$23,000であったとします。このメーカーは従業員の医療費として$72,000を支払っています。このメーカーが他の条件をすべて満たした場合、控除額は$36,000(50%×$72,000)となります。


従業員

この控除の適用を受けるには、雇用主はFTEsの数を計算する必要があります。雇用主のFTE数は、その年に雇用主が従業員に賃金を支払った時間の合計(ただし、1人の従業員の労働時間は年間2,080時間以内)を2,080で割って算出されます。その結果、整数でない場合は、最小の整数に四捨五入されます。2,080時間と規定されているのは、週40時間労働と仮定した場合、52週間で2,080時間となるためです。2,080時間を超える時間、残業時間などは、FTEsを計算する際に考慮されません。


平均年間賃金

さらに、雇用主は、平均年間賃金を計算する必要があります。平均年間賃金は、まず、雇用主が課税年度内に従業員に支払った賃金の総額を、その年のFTE数で割ることで算出されます。その結果、$1,000未満は切り捨てます($1,000の倍数でない場合)。


追加要件

米国議会は、この税額控除にいくつかの重要な制限を課しています。雇用主は、FTEsと平均年間賃金の計算から、特定の個人を除外しなければなりません。これらの個人とは、個人事業主、パートナーシップのパートナー、Sコーポレーションの2%以上を所有する株主、その他のビジネスの5%以上を所有する個人を指します。また、これらの個人の特定の家族も、FTEsと平均年間賃金の計算から除外されます。これには、子供、親、兄弟姉妹などが含まれます。

さらに、この控除は、適格プランの下で雇用主が支払った保険料のみに適用されます。適格プランとは、一般的に、加入している各従業員の健康保険にかかる保険料の一定割合(50%以上)を負担することを義務付ける取り決めのことです。また、雇用主の負担額は、その州または州の一部における健康保険の平均的な費用に関連しています。


この控除は、雇用主が従業員に代わって支払った健康保険料の控除にも影響します。雇用主が控除できる保険料の額は、その保険に適用される小規模雇用者医療税額控除の額だけ減額されます。

Comentários


© 2021 TOPC Potentia All Rights Reserved

TRAIANGL-TOP-WHT.png
bottom of page