top of page

退職年金制度の給付と拠出限度額について

2023年1月13日

多くの企業は、適格退職年金制度を提供しています。雇用主がスポンサーとなっているリタイアメントプランには、大きく分けて確定給付型と確定拠出型の2種類があります。401(k)や403(b)などの確定給付型プランでは、従業員の退職時に特定の退職給付額が支給されます。一方、確定拠出型プランでは、従業員は給与総額の一部を拠出して長期的に退職後の資金として投資し、雇用主は従業員の拠出に見合った額を拠出することができます。ここでは、拠出と給付の制限に関する包括的な規制の概要を説明します。


確定給付型プランでは、給付限度額は2023年の$265,000(2022年は$245,000)、また従業員の上位3年間の平均報酬(HTS)のいずれか低い方を超えることができません。HTSの計算には、最も高い報酬総額を受け取った連続する3暦年を含める必要があります。


確定拠出型プランの場合、プランのスポンサーは2023年の$66,000(2022年は$61,000)、または従業員の報酬の100%のうち、どちらか低い方まで拠出することができます。この「年間加算額」には、雇用主拠出金、従業員拠出金、および再配分された失効額が含まれます。従業員退職所得保障法(ERISA)、およびその他の適用できる連邦法、州法に基づく、受託者の義務違反によるプランの損失を回復するための支払いは、年間加算額の制限から除外されます。


複数事業主制度の場合、すべての給付と年間加算は、すべての雇用者の総計で制限を満たさなければなりません。退職後に支払われる報酬の制限を適用する場合、複数事業主制度に拠出する全ての雇用主は、単一の雇用主として扱われます。また、最終規定では、生活費の調整、制度の合算、制度や信託の不適格性、コンプライアンス上の制限年の定義などに関する規則も定められています。

Kommentare


© 2021 TOPC Potentia All Rights Reserved

TRAIANGL-TOP-WHT.png
bottom of page