Recent Posts

​Categories

Archive

Tags

ビジネス用食事の一時的な全額控除

2021年8月13日

2021年の連結歳出法では、レストランで提供される飲食物について、ビジネスの食事代の控除率を50%から100%に引き上げました。この一時的な控除は、2021年1月1日から2022年12月31日までに支払った、または発生した金額に対して認められます。その他の食事代については、一定の例外が適用されない限り、50%の控除制限が引き続き適用されます。


飲食店には、店内および店外での即時消費を目的として、食品または飲料を調理し、小売客に販売する事業が含まれます。ただし、主にパッケージされた食品を販売し、すぐには食べられないようなビジネスは対象外です。例えば、食料品店、コンビニエンスストア、自動販売機などはレストランとは考慮されません。さらに、雇用主の事業所内にある飲食施設は、たとえ第三者が運営していても、レストランとして扱われない場合があります。