Recent Posts

​Categories

Archive

Tags

一般的に見落とされがちな税控除


毎年、多くの事業主が控除可能なビジネス経費を見落とし、結果としてIRSへ何百万ドルの過払いをもたらしています。以下に一般的に見落としがちな控除のリストを列記します。



・株主ローンの帰属利子

事業へ貸し付けていたローンから支払われた利子を受け取った場合、利子を受け取った納税者はタックスリターンで課税されますが、ビジネスが支払った利子は費用として控除の対象となります。その結果、利子が誤って給与の一部としてみなされていた場合、支払い利息として見直され、雇用税が減額される可能性があります。

・交際費

o 交際費に使用される個人資金は、制限がありますが、控除の対象となりうる場合があります。

・事業用途として使用する個人資産

事業用途として提供された個人資産の市場価格は、事業に使用された日から、制限がありますが、控除の対象となります。

・個人事業主の健康保険

個人事業主、配偶者、扶養家族の健康保険の全てが控除の対象となります。長期の介護保険契約をした場合、介護保険料も控除の対象となります。

・通信費

o 個人の電話、携帯電話、およびインターネットをビジネスに使用した分の費用は控除の対象となり得ます。

・車両費

o 事業目的で使用された車両関連の費用は控除の対象となりえます。

上記の一般的に見落とされがちな税控除のリストに加えて、2017年から2026年の雑控除の2%の制限のAGI(調整後の総収入)の控除も、一時的に使用できないことをご注意ください。