Recent Posts

​Categories

Archive

Tags

慈善寄付―認証と実証


税法で慈善寄付の控除が認められています。ただし、控除が認められるには厳密な認証と実証のルールに従う必要があります。以下にそのような厳密な承認と実証のルールを提示します。


認証

控除を適用するには、慈善団体は申告期限の4月15日、または延長申請した場合は10月15日までに、認証を提出する必要があります。申告が遅れた場合、納税者はオリジナルの申告期限4月15日、または延長申請した場合は10月15日までに、書面による認証を証明できる場合のみ、控除することができます。

• 寄付額が$250以上で現金もしくは小切手の場合、慈善団体は寄付額と、納税者が見返りとして何も受け取っていない事を示す必要があります。納税者が特定のベネフィットを受け取った場合、慈善団体はベネフィットの金額を明記し、その分は控除できません。

• 寄付額が$250以上で物品、または現金と物品を取り合わせた場合、慈善団体は寄付された物品の説明書きと、納税者が見返りを受け取っていないことを示す必要があります。ただし慈善団体は受け取った物品の価格を示す必要はありません。


250ドル以下の現金の寄付

現金、小切手、またはその他の金銭的な贈答品による慈善寄付は、金額に関係なく、慈善寄付の信憑性を証明するための記録する必要があります。寄贈者は以下を保管する必要があります。

• 銀行の記録

• 慈善寄付の受取人からの領収書、手紙、または受取人の名前、寄付した日付、寄付の金額が記されている書面

衣服や家庭用品の寄付

上記の通常の実証に加えて、納税者は寄付した物が良好な状態であったことを証明する必要があります。

一つ例外なルールがあります。

• 一着の衣服または一つの家庭用品に対して$500以上で申請をし、尚且つ

• 納税申告書に物品の査定書を含めた場合

自動車とボート

慈善団体が寄付された車両を使用しない場合、慈善団体が売却した金額を超える金額の控除はできません。慈善団体は寄付された自動車、ボート、飛行機など、Form 1098Cを使用し、車両の販売または贈与の受領書を文書化する必要があります。慈善団体はフォームの写しを納税者に提供し、納税者は納税申告書と共にフォームを提出する必要があります。慈善団体が納税者にフォームを提供するには、時間的制約があります。

給与控除

1回の給与から差し引かれる金額が$250未満の場合、認証は必要ありません。金額が$250以上の場合、給与明細、Form W-2、もしくは雇用主から提出された源泉徴収されたことを示す文書、及び誓約書もしくはそれと同等の納税者が物品やサービスを受けていない事を証明する文書によって立証できます。誓約書は、慈善団体の指示に従って雇用主が作成することもできます。

多額の贈答

$500以上の価値のある物品の場合、納税者は寄贈品を説明した文書と、IRSが要求した場合には他の必要な情報を納税申告書に含める必要があります。

$5,000を超える価値のある物品の場合、納税者は査定を取得する必要があります。

$50万以上の価値のある不動産の場合、納税者は査定を申告書に含める必要があります。