Recent Posts

​Categories

Archive

Tags

賃貸収入と賃貸費用に関するファクトシート

2021年11月9日 

賃貸不動産の所有者としては、確定申告で申告すべき所得と、利用可能な税額控除について理解しておくことが重要です。


賃貸収入


  • 借主が家主に代わって支払った費用は、賃貸収入とみなされます。また、家主はこの費用を賃貸費用として控除することができます。

  • お金の代わりに受け取った財産やサービスは、その財産やサービスの市場価値に基づいて賃貸収入として扱われます。

  • 保証金から差し引かれた金額は、差し引かれた年の賃貸収入とみなされます。ただし、リース期間終了時に保証金が賃借人に返還される場合は、賃貸収入に含める必要はありません。

  • 賃借人から受け取った前払い家賃は、対象期間や会計処理の方法にかかわらず、受け取った年度の賃貸収入となります。

  • リース契約を終了するために賃借人から受け取った金額は、対象期間や会計処理の方法にかかわらず、受け取った年度の賃貸収入として認識されます。

  • 賃借人が賃貸物件を購入するオプションを持っている場合、契約に基づいて受け取った支払いは賃貸収入となります。賃借人が購入する権利を行使した場合、売却日以降に受け取った支払いは売却価格の一部として扱われます。


賃貸費用


  • 一般的な賃貸費用は以下の通りです:

広告費、メンテナンス費、手数料、減価償却費、保険料、利息、弁護士などの専門家の費用、現地での交通費、管理費、住宅ローンや銀行への支払利息、ポイント、家賃、修繕費、税金、光熱費など。

  • 人件費や材料費などの修繕費は控除できますが、家主自身の人件費は控除できません。

  • 賃貸物件に施された改良が資産の価値を高めたり、耐用年数を延ばしたりする場合、改良にかかった費用は控除できず、長期にわたって減価償却しなければなりません。

  • 賃貸物件のオーナーは、賃貸物件の購入や改良にかかった費用を減価償却によって控除することができます。一般的に、住宅用物件の耐用年数は27.5年、商業用物件の減価償却期間は39年です。建物の特定の部分は、5年、7年、または15年で減価償却することができます。不動産のコスト分離についての詳細は、7月号のニュースレターをご参照ください。

  • 賃貸物件が複数の目的で使用されており、税務年度中の賃貸日数が15日未満の場合、受け取った家賃は所得に含める必要はありません。また、賃貸活動に関連する費用も控除できません。レンタル期間が14日以上の場合は、それぞれの目的で使用された日数に応じて控除できる税額を計算する必要があります。