Recent Posts

​Categories

Archive

Tags

CA州の2021年コロナ用Sick Leave


カリフォルニア州にて、コロナ用Sick Leaveを付与することが義務づけられました。対象企業は従業員が26名以上の企業です。コロナに関わる症状が出ている社員だけでなく、ワクチン接種もこの休暇の対象となります。以下、詳細を解説します。


概要

  • 適用期間は2021年1月1日~2021年9月30日

  • 今年に入って対象となる休暇を取得している場合は、遡って適用する必要があります

  • 対象は従業員26名以上の企業。カリフォルニアで勤務している従業員へ付与義務がある

  • 付与時間はフルタイム社員の場合80時間、パートタイム社員の場合は勤務時間に応じて計算

  • 以下の状況において、休暇の取得が可能

  • 州や医療機関から指示され、隔離が必要な場合

  • コロナに関わる症状があり、医師の診察を受ける場合

  • 家族がコロナにより隔離の対象となった場合

  • コロナが原因で託児所や学校が閉鎖し、子供の面倒をみないといけない場合

  • コロナ用の予防接種を受ける場合

  • コロナ用の予防接種後、何かしら症状が現れ勤務できない場合

  • 雇用主は専用ポスターの提供・掲示義務があります

  • https://www.dir.ca.gov/dlse/2021-COVID-19-Supplemental-Paid-Sick-Leave.pdf

  • 通常のSick Leaveとは別に、このコロナ用Sick Leaveを提供する必要があります

  • 提供したお休みがCA州のコロナ用Sick Leaveであっても、内容的に連邦政府の定めるFFCRAのEmergency Sick Leaveに該当する場合は、給与税報告書(Form 941 Employer’s Quarterly Federal Tax Return)にて、雇用主が負担し該当費用を控除申請することができます。ただし、上限は$511/日、本人ではない理由の場合は2/3の給与などルールがありますので、詳細を確認の上で申請してください。