top of page

Net Operating Loss (純営業損失・繰越欠損金)

2023年5月19日


納税者は、2023年に発生する個人および法人税申告で発生した純営業損失(NOL)を繰り越すことで適用できます。繰越欠損金の利用は、一定の制限を受けます。


純営業損失(NOL)と制限

純営業損失(NOL)は総所得から控除額を差し引いて決定されます。2021年以降に始まる税務年度で発生する純営業損失(NOL)については、損失の繰越期間は無制限です。ただし、繰り越しは課税所得の80%しか相殺できません。農業経営者と損害保険会社の損失が2年間の繰越期間を持つことを除いて、繰越期間はありません。80%の制限は、損害保険会社には適用されません。課税所得の制限は、売却損益、適格事業所得、外国に由来する無形所得など、特定の控除を考慮せずに計算されます。


2018年、2019年、および2020年に始まる税務年度で発生した純営業損失(NOL)は、5年間の繰戻し期間と無制限の繰越期間があります。これらの年度に生じた純営業損失(NOL)には、80%の課税所得制限は適用されません。2017年以前に始まる税務年度の損失は、2年間の繰り戻しと20年間の繰り越し期間があり、課税所得の制限はありません。表にまとめると下記のようになります。


報告手続き

純営業損失(NOL)またはNOL繰り越し金額を計算する際、非法人の納税者(個人、信託、相続)および株式会社の法人は、調整総所得と課税所得に対していくつかの調整を行う必要があります。純営業損失(NOL)を控除する場合、納税者はNOLを前年度に繰り戻すか、将来の年度に繰り越すかによって、適切な申告書のフォームまたはステートメントをIRSに提出する必要があります。


純営業損失(NOL)を繰り越す場合、NOLは最初の繰り越し年の申告で控除として記入され、課税所得の再計算は必要ありません。繰り越し請求を行うには、繰越年度の修正申告書、または暫定的な還付請求書を提出します。純営業損失(NOL)が繰り戻された場合、繰り戻し年度の課税所得を再計算し、繰り戻し年度に支払うべき還付金を決定します。


特定の納税者に対する損失の繰戻期間の放棄の取消不能の選択

2021年以降に始まる課税年度において、農業経営者と損害保険会社は、2年間の繰り戻し期間を放棄する取消不能の選択を行うことができます。純営業損失(NOL)の繰り戻しを放棄する選択は、仮に所得税法が変わり、高い所得税率になると予想している場合、より高い節税につなげることができます。

コメント


© 2021 TOPC Potentia All Rights Reserved

TRAIANGL-TOP-WHT.png
bottom of page