2021年ラスト・ミニット タックス・プランニング 自営業者のための退職金制度

2022年2月18日 


自営業者には、個人向けの401(k)、従来型のIRA、Roth IRA、SEPプラン、SIMPLEプランなど、さまざまな税制優遇のある退職金制度があります。2022年4月15日(延長した場合は10月15日)までに拠出をすれば、2021年の税務申告書で控除することが可能となります。それぞれの制度には利点と欠点があり、個人が事業の種類と退職の必要性に基づいて決定することができます。


個人向け401(k)プラン

個人事業主の401(k)は、経営者のみ、または経営者とその配偶者を対象としています。このプランでは、オーナーが雇用者として、また従業員として拠出することが可能です。したがって、下記の点を含めて、最大の控除可能な貢献を提供することが出来るかもしれません。

従業員拠出:自営業者所得の100%または2021年は$19,500(50歳以上の納税者は$26,000)のいずれか少ない額(2022年は$20,500または$27,000)、および

事業主負担:報酬の25%を上限とする。

納税者の個人向け401(k)の最大拠出額は、2021年は$58,000(50歳以上の納税者は$64,500)(2022年は$61,000もしくは$67,500)です。


従来型IRAまたはRoth IRA

従来型のIRAでは、納税者はタックスリターンの際に拠出金にかかる税金を控除しましたが、Roth IRAを選択することで、控除しないことも可能になりました。Roth IRAを選択した際は、納税者は分配金を受け取る際に税金を支払います。拠出の年齢制限はなく、納税者が72歳になった時点で分配が必要があります。Roth IRAは、一般的にTraditional IRAと同じルールが適用されます。ただし、Roth IRAの場合、拠出金にかかる税金を控除することはできませんが、適格分配金は非課税となります。

従来型IRAとRoth IRAの合計拠出限度額は、$6,000(50歳以上の納税者は$7,000)、またはその年の課税対象報酬のいずれか低い方となります。2022年の拠出限度額に変更はありません。さらに、Roth IRAの拠出額も、納税者の申告ステータスと所得に応じて制限されることがあります。


簡易小企業被用者年金(SEP)

SEP(Simplified Employee Pension Plan)IRAは、中小企業経営者や自営業者向けのIRAの一種です。このタイプのIRAは、雇用主が従業員のために設定した口座に拠出することができます。拠出金は税額控除され、収益は引き出しする時まで課税されません。2021年、雇用主は所得の25%または$58,000のどちらか低い方まで拠出することができます(2022年は$61,000)。


SIMPLE IRAプラン

SIMPLE IRAプラン(Savings Incentive Match Plan for Employees)は、従業員と雇用主が従業員用に設定された従来型IRAに拠出することができるプランです。SIMPLE IRAへの拠出は税額控除が可能です。雇用主は毎年拠出する必要があり、従業員は拠出するかしないかを選択することができます。SIMPLE IRAは、従来型IRAと同じ投資、分配、口座移行のルールに従います。SIMPLE IRAは、通常、従業員100人以下の小企業であれば利用できます。拠出額の上限は、2021年は$13,500(50歳以上の従業員は$16,500)(2022年は$14,000または$17,000)です。

© 2021 TOPC Potentia All Rights Reserved

TRAIANGL-TOP-WHT.png